ブログ

記述は救済

はいどうも!

 

大学に入ったら試験があると思います。

そこで肝に命じて欲しいのは

記述問題は必ず解答を書く!!!

ということです。

 

看護科時代の話

これはおれが看護科にいた時のお話。

2年生の時に『小児看護学Ⅰ』という授業がありました。

普段は必ず授業に出席しとたんやけど

ある1回だけ、事情があって休みました。

その日は、ある子供と家族に関するビデオを授業で流したみたいなんですね。

そして試験当日、

記述問題で「そのビデオに出てきた子供や家族に対して自分ならどういう看護をするか。」

という問題が出てきたのよ!!!

しかも10点分!!!

おれはビデオ見てないから分からないし、

厳しい先生だったからテキトーなこと書いたら

アカンかと思って何も書かんだ。

そして試験に落ちた。

先生はおれにこう言ったんだ。

「記述問題というのは加点する為のものだから

何も書いてなかったら加点できへんやないかい!」(※実際は関西弁ではない)

記述問題は下駄履かせ

記述問題というのは加点する為にある。

つまり、もしも点数が足りなくても

記述問題の点数を上乗せしてあげることで

合格させてあげるんだ。

何かしら書いたら、先生も下駄を履かせてあげられる。

だから記述問題は何か書かないといけないんだ。

 

これは医学科でも同じで、

記述問題は下駄を履かせる為にある。

4年生のテストは基本的にマークシート方式なんやけど

マークシートだと下駄を履かせてあげられないから

学生を落とさない為には合格点を下げるしかない。

それでも救えなかったら再試になる。

記述式の問題がある科目と、ない科目があるけど

記述がある科目は落ちる人が少ない。(たぶん)

逆に記述問題がない科目は下駄を履かせられないから

落ちる人も増えてしまうわけですよ。

 

だから選択問題とか穴埋め問題みたいな

答えが一つに決まっている問題よりも

記述式の問題がある方が、学生にとっては有り難いわけよ。

 

ちなみに先生によってはテストの点数が

何点だったか学生に公開しない場合があるけど、

それも下駄を履かせるためであって

そういう先生ならなんとか救おうとしてくれるはず。(保証はしない)

まとめ

 

記述問題は解答を書こう!!!

 

 

今日もご覧いただきありがとうございました。

 

あわせて読みたい
ブロガーオフ会 2019春遅ればせながら、3月30日にあった医学生ブロガーオフ会について! オフ会に参加した皆さんの印象をすぐにメモっていたので それ...
あわせて読みたい
学歴の価値①今日は学歴について書こうと思います。 ここでいう学歴とは 高卒、大卒とかいうものではなくて どの大学を出たか、というも...
あわせて読みたい
偏差値の価値はいどうも!!! 2日間に渡って「学歴の価値」に関して書きました。 https://ashitahe.jp/?p=2352 ...
あわせて読みたい
ドキドキ♡バレンタインデー♡♡♡はいどうも!!! こんにちは!!!!! 今日は「バレンタインデー」とかいう日みたいですね。 女子が男子にチョコ...
あわせて読みたい
クリスマスのリア充ライフ♡今日はクリスマス。 去年のぼくはアメブロの方で『ぼくはサンタクロース』 という記事を書いてたくさんの人たちを笑顔にしました。...
あわせて読みたい
自己紹介はじめまして! 島根大学医学部医学科3年生(2016年現在) 柳生晃伸です。 WordPressでブログを書く以前はア...
あわせて読みたい
他人を引きずり下ろす快感 ネット上ではよく 他人を叩くのに必死な人、他人をこき下ろしたくて仕方のない人 を見かけます。 なぜ見ず...
あわせて読みたい
医学部面接対策~面接満点再受験生からのアドバイス~ 医学部には社会人を経てから入学してくる、いわゆる再受験生がいます。 そんな再受験生にとって特に気がかりなのが面接! ...
あわせて読みたい
仮面浪人で合格した理由ぼくは今の大学には別の大学に通いながら勉強して合格しました。 いわゆる仮面浪人です。 5年浪人していたこともあって、心身とも...

ぼくのツイッターはこちらから
↓↓↓

クリックして応援お願いします
↓↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

ABOUT ME
柳生晃伸
柳生晃伸
医師を目指して5年間浪人したが不合格。5浪目に後期日程で看護科に入学するも看護科2年のときに大学に通いながら医学科に合格を果たす。 現在、島根大学医学部医学科4年生。(2016年入学)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です