受験

ボーダーラインなんてない

はいどうも!!!

こんにちは!!!!!

国公立大学を受ける人はセンター試験も終わって、

リサーチを出して受験校を決める時期ですね。

 

今日は「ボーダーラインなんてない」

という話をしたいと思います。

以前アメブロの方にも載せた島大の受験成績はこちら。

↓↓↓

合格した年は

センター試験が766/900点(85%)、

島根大学の傾斜配点で601/700点でした。

確かリサーチ(ネット)の判定はC。

二次試験の点数と合わせて

総合点 939/1160点。

合格最低点は916点ですから

合格最低点よりも23点高かったわけです。

ということは、センター試験があと23点低くても

受かっていたわけです。

23点低ければ

センター試験は578点。

つまりセンター82.5%でも受かっていたわけです。

でも多分、この点数ならリサーチでE判定ですよね。

E判定なんて出たら落ち込みますが、

実際は受かるわけです。

予備校が設定するボーダーラインなんてものは

まやかしに過ぎないですね。

 

島根大学は面接も点数化されます。

ぼくは面接が30/60点でしたが、

もし60点満点を取っていたら

548点、つまり

センター78%でも受かっていたわけです。

 

島大を受ける気で、さらに合格可能性を上げたいなら

面接試験で満点を取った

県外出身、アラサー再受験生たちからの

アドバイス記事もぜひご覧ください。

↓↓↓

あわせて読みたい
医学部面接対策~面接満点再受験生からのアドバイス~ 医学部には社会人を経てから入学してくる、いわゆる再受験生がいます。 そんな再受験生にとって特に気がかりなのが面接! ...

 

今日もご覧いただきありがとうございました。

 

あわせて読みたい
自己紹介はじめまして! 島根大学医学部医学科3年生(2016年現在) 柳生晃伸です。 WordPressでブログを書く以前はア...
あわせて読みたい
勉強の質は大事 受験する大学を決めたら、ほとんどの人がその大学の過去問を解くと思います。 過去問を解いて答えを合わせるときに、「この問題は...
あわせて読みたい
仮面浪人で合格した理由ぼくは今の大学には別の大学に通いながら勉強して合格しました。 いわゆる仮面浪人です。 5年浪人していたこともあって、心身とも...

 

ぼくのツイッターはこちらから
↓↓↓

 

クリックして応援お願いします
↓↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

ABOUT ME
柳生晃伸
柳生晃伸
医師を目指して5年間浪人したが不合格。5浪目に後期日程で看護科に入学するも看護科2年のときに大学に通いながら医学科に合格を果たす。 現在、島根大学医学部医学科4年生。(2016年入学)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です